転送URLサービスCGI


最終更新時間:2009年03月31日 21時40分37秒

転送URLサービスCGI

転送URLサービスCGIは、誰もが、
転送URL(URL転送、短縮URL、圧縮URLともいう)サービスを運営できるフリーのCGI(Perl)です。
何かしらのWEBサービスを始めてみたくなった。といった方にも簡単に始めやすく、最適かと思います。

主な特徴

■画像アクセスカウンター機能
  転送ページなどで桁数無制限タイプのアクセスカウンタを表示します。
  使用するか否かは管理者が設定可能です。
  管理者が用意した画像の中から、利用者が選択可能です。
■管理者画面 搭載
  転送URLの一覧表示、作成者IPアドレス/ホスト名表示、
  削除などができる管理者画面を搭載しています。
■IPアドレス/ホスト名による新規登録拒否機能
  管理画面のリストにあるボタンをクリックするだけで
  そのIPアドレス/ホスト名からの新規登録を拒否できます。
  また、ワイルドカードによるIPアドレス/ホスト名指定も可能です。
■フレーム転送/メタタグ転送 選択可能
  フレーム転送/メタタグ転送を、利用者が選択できます。
  もちろん、管理者によって、どちらかのみしか使用できないように制限も可能。
  フレーム転送とは・・・転送後もURLが、転送URLのままの方式
  メタタグ転送とは・・・転送後にURLが、転送先URLに切り替わる方式
■HTMLテンプレートによるデザイン変更可能
  通常のHTMLに決められた変数を記述するだけのシンプルなテンプレート方式を採用しています。
  簡単に、そして自由に、デザイン変更でき、
  デザインオリジナリティあふれるサービスを運営できます。
■本格的なデータベースを採用
  アカウント情報管理に、SQLiteデータベースを採用したことにより  安定性、高速性を確保しています。
  他のSQL系データベースと互換性のあるSQLiteを使用していますから、
  Perlとデータベースの知識が少しあれば、比較的簡単に、MySQLなどを使うように変更できます。
■使い勝手に優れた利用者向けインターフェース
  実際の利用者の方が、快適に利用できるよう、
  登録フォームで、転送URLの空き状況をAjaxでリアルタイム確認できたり、
  転送先URLを入力すれば、ページタイトルを自動取得したり
  転送ページで何秒後に移動するかがカウントダウンされたり。
  格好付けだけの無駄な細工はせず、随所に 使い勝手を向上させる工夫を施しています。
■優れたセキュリティ
  ユーザのパスワードは、SHA1ハッシュ化された状態でデータベースに保管されます。
  サービス運営者でも、ユーザのパスワードを見ることはできません。
転送URLサービスCGIに関するFAQ(よくある問い合わせとその回答)はこちらをご覧ください

動作環境

  • Perl(CGI)が動作する環境。Perl5.8.8

ToDo(今後の改良予定)

皆さんからのご意見、ご要望や、今後、改善、実装すべきことなどをまとめ、状況をご報告しています。
ご意見/ご要望/バグ報告は、Todo又は、コメント欄にご記入ください。
転送URLサービスCGI/Todoから投稿、ご覧いただけます。

ダウンロード(無料)

ライセンス

Creative Commons 表示-継承 2.1 日本 License.
クリエイティブ・コモンズライセンスについて

オプション(ライセンス)サービス

本ソフトウェアは、基本的に上のライセンスに従われる限り、無料でお使いいただけますが、
ライセンスに沿わない使用をされたい場合は、ご相談下さい。
著作権表示(プログラム名表示)の削除なども承っております。
(価格一例) 著作権表示の削除:2000円 (1サービス、非商用の場合)
(価格は一例です。もしかすると場合によっては変動することがあるかもしれません。)
ライセンスサービスについて

関連情報

コメント。よかったら、みなさんの思い、書いてみてください。

感想、意見、要望なんでも構いません。
”こんなの使えません”も、”ありがとう”も、歓迎です。
ご質問される場合は、その前にFAQをご確認下さい

計算:5×4= お名前: コメント:
  • っと・・・書いてから数日たちましたが、公開まで今しばらく時間がかかりそうです。出来ればTodoに挙げた物の殆どは実装したいと考えております。 - Masanori (2008年11月30日 00時55分15秒)
  • あと数日以内には、version1.0.5を公開できるかと思います。 - Masanori (2008年11月19日 20時36分20秒)

//