GUID GeneCopier/ReadMe


最終更新時間:2010年01月14日 19時42分25秒

GUID GeneCopier トップへ戻る

Readme_guidgc.txt

###########################
######GUID GeneCopier######
###########################

GUID GeneCopierは、GUIDを生成して、
それをクリップボードへコピーして終了するだけの、
シンプルな、コンソールアプリケーションです。

----------------------------------------------------------------------
GUID GeneCopierを使用される前に、本文書に記載されている、
「ライセンス」の項目 及び、「免責事項」の項目をお読みの上、
これにご同意をお願いします。
----------------------------------------------------------------------

>>>概要<<<
ソフトウェア名: GUID GeneCopier
開発元: MasanoriSoft (http://masasoft.org/)
動作OS: Microsoft Windows 7/Vista/XP/2000/Me/98/98SE 及びそのサービスパック適用環境
形式: フリーウェア (ライセンスに従う上で無料で使用可能)
ライセンス: クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス


>>>GUIDとは何ですか?<<<
GUID(Globally Unique Identifier、グローバル一意識別子)は、
世界で一意(唯一)な識別子(文字列)のことです。

具体的には、
8桁の英数字 + ハイフン + 4桁の英数字 + ハイフン + 4桁の英数字 + ハイフン + 4桁の英数字 + ハイフン + 12桁の英数字
の計32桁(ハイフン(-)を含めると36桁)から成る、
ランダムな文字列です。
例: D00F311B-375F-4A51-B538-119F39DE7840

但し、絶対的に、世界で一意であることを保証するものではなく、
同じ文字列になる可能性が極めて非常に小さいことから、一意であると言われています。


>>>使い方<<<
1.いずれかの方法など(お好きな方法)で、「GUID GeneCopier」を起動(実行)します。
 A.エクスプローラで「guidgc.exe」をダブルクリックします。
 B.「guidgc.exe」へのショートカットを作成しておき、
   ショートカットをダブルクリックするなどして実行します。
 C.コマンドプロンプトで「guidgc.exe」のパスを入力して実行します。
 2.「GUID GeneCopier」が起動し、GUIDを生成して、
  クリップボードへコピーした後、すぐに自動的に終了します。
 (通常、一瞬または数秒間、黒いウィンドウが表示されます。)


>>>コマンドライン オプション スイッチ<<<
GUID GeneCopierには、以下のオプションスイッチがあります。
オプションスイッチの前に、「-」または、「/」を付けて使用します。
オプションスイッチは、大文字小文字は区別されません。
*nocopy
 クリップボードへGUIDをコピーしません。(GUIDの画面への表示のみ)。
 エクスプローラやショートカットからの実行の場合は、
 通常、すぐに画面が消える為、あまり使えませんが。
 使用例: guidgc.exe -nocopy


>>>ヒント<<<
* ショートカットや、コマンドプロンプトから実行するとき、「guidgc」だけでも実行出来ます。
* GUID GeneCopier(「guidgc.exe」)のファイル名は自由に変更することができます。


>>>著作権<<<
GUID GeneCopierのプログラムおよびソースコードの著作権は、
MasanoriSoft(Ohgita Masanori)が保有します。


>>>免責事項<<<
GUID GeneCopierを使用されるにあたって、
万が一、損害が発生した場合も、著作者および開発者は一切の責任を負わないものとします。
また、GUID GeneCopierは、現状のまま提供されます。
著作者および開発者は、GUID GeneCopierに不具合等が存在した場合も、
それを修正する義務などは一切無いものとします。


>>>ライセンス<<<
GUID GeneCopierは、MasanoriSoftによって、
クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス
(Creative Commons Attribution 2.1 Japan License)
が適用され、配布されています。

GUID GeneCopierは、その著作者に無断で、かつ、無料で、
使用したり、再配布したり、改変したりすることが出来ます。
但し、GUID GeneCopierを再配布したり(無改変、改変を問わず)、改変したりする場合には、
原則として、原著作者である、MasanoriSoft(Ohgita Masanori)の著作権情報を表示をしなければいけません。

このライセンスについての詳しい情報は下記URLのページをご覧下さい。
http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/
http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/legalcode

-----------------------------------------------------------------
(C)MasanoriSoft,2010.



//