USBdriveSecureTool/復号化出来なくなる問題


最終更新時間:2009年06月02日 09時24分00秒

USBdriveSecureToolで復号化できなくなる問題について

USBdriveSecureTool Ver3.0からVer4.5のバージョンにて暗号化したファイルが、
それぞれのバージョンで復号化できなくなる問題についてのご報告です。

問題の内容

暗号化をしたファイルを復号化しようとしたときに、
パスワードが間違っていないにも関わらず、パスワード間違いのエラーが表示され、
復号化が行えない

問題が発生している環境

判明しておりません。

情報を募集しています。

この問題が発生している利用者様にお願いです。
環境などについて簡単な調査にご協力ください。
USBdriveSecureTool/復号化不具合改善へのご協力

問題の発生原因について

まず、知っていただきたいこと。

この問題は、お使いのコンピュータのハードウェア環境、ソフトウェア環境や、
お使いのUSBメモリなどの相性、USBdriveSecureToolの使い方...などによって発生している可能性もあります。
同じような問題が発生している環境の全てが、同じ原因では無い可能性があるということをご理解ください。

ファイルの破損

USBメモリの不具合/破損

プログラムのバグ

プログラムのバグの可能性については、
USBdriveSecureTool Ver4.5のプログラムコードを
確認しておりますが、バグに繋がるような部分は見つかっておりません。
それ以前のバージョンでは、バグに繋がる可能性が無いとはいえないコードが
ありましたが、Ver4.5では一通り、そのような部分を修正しております。

解決策

解決策について...

調査の結果、この復号化できなくなる問題の原因は幾つかある可能性が考えられます。

解決策(1)

現在、Ver4.5をご利用の方で、Ver4.5で暗号化してこのような問題が発生した方は、
まず、次の簡易復号化プログラムをダウンロードし、復号化できないか一度お試し下さい。
decrypt_e_fv4_5_1_0_0.zip
ZIPファイルですので、ファイル解凍ソフトウェアを使用して解凍を行ってください。
展開されたファイルの中から、「簡易復号化.exe」を実行して下さい。

解決策(2)

準備中...



//